2020年の教育改革に向けて日々変わる受験・教育に関するさまざまな情報をお届けします。

2020年教育改革、英検・TOEFL・GTECなど4技能を測るための民間試験活用が決定
2020年教育改革、英検・TOEFL・GTECなど4技能を測るための民間試験活用が決定

2020年教育改革、英検・TOEFL・GTECなど4技能を測るための民間試験活用が決定

従来の「大学入試センター試験」(以下「センター試験」)に代わり、2020年度から新しく「大学入学共通テスト」(以下「共通テスト」)が実施されます。 対象となるのは現在の高校1年生から。それまでのセンター試験と最も違う点は、英語に民間試験が導入されることです。ペーパーテスト+ヒアリングといった試験方式から、 「読む・聞く・書く・話す」の4技能全般を測る民間試験の活用へ。 「大学入試英語成績提供システム」の参加要件を満たした試験のみが導入可能となりますが、先日、その基準をクリアした民間試験7団体8種類が公表されました。

おなじみ実用英語検定から アカデミック・ビジネス英語の力量を測る検定まで

一部の私立大学では、すでに英語の選考方法として活用されている民間試験ですが、2020年度からは国公立大学の入試にも導入されることとなりました。 大学によって活用方法は異なりますが、基本的には共通テスト(マークシート方式)+4技能を測る民間試験のセットでの選考となります。 今回、共通テストの対象と認定された民間試験は、ケンブリッジ英語検定、実用英語技能検定、GTEC、IELTS、TEAP、TEAP CBT、TOEFL iBT、TOEIC L&R / TOEIC S&Wの8種類。 実用英語技能試験(以下〝英検〟)は従来の段階的試験方式ではなく、18年度以降に実施の新方式(受検者全員の4技能すべてを測るもの)が対象です。

englishtest.jpg

各試験の成績は、語学力の国際指標とされるCEFR(セファール※)をもとにした対照表により段階別評価が行われます。 1つの基準でレベルを測ることができるので、どの検定を選んでも得点的な有利・不利はありませんが、検定の本来の目的や特性により、各受検生にとって向き・不向きはありそうです。 例えばTOEICはビジネス英語のスキルを問うものですし、TOEFLは留学に必要な英語力を測るもの。また試験によっては実施会場がかなり限定されていたり、 CBTというコンピュータを活用する方式であることも。 大学入試に活用する民間試験の種類は、各大学の要項に明記されます。4技能入試では複数の種類の試験を対象にしている大学がほとんどなので、 自分が取り組みやすいものを選ぶことができます。それぞれに試験問題の傾向が異なるので、過去に受検経験があるものが有利といえます。 なおセンター試験は、国公立大学以外にも一部の私立大学が選考の1方法として利用していますが、共通テストについてはまだ検討中のところが多いようです。 しかし、英語の民間試験を導入する傾向は強まりそう。志望校の入試情報を早めに収集し、事前に準備しておきましょう。


  • 大学入学共通テストの英語で活用可能な民間試験が、文科省で認定・発表されました。実用英語検定など8種類あり、語学力の国際指標であるCEFRと対照することで、同一基準での評価が可能です。

  • 2020年度からの4年間は移行期間で、従来のマークシート型テストも併用されます。民間試験を合否判定にどう活用するかは大学によって異なります。

  • 民間試験は、高校3年生の4~12月に実施される試験を2回まで利用可能です(既卒者については検討中)。

  • 民間試験はそれぞれ特性や問題の傾向が異なります。どの試験に挑戦するにせよ、英語力UPのため早めの対策を心がけましょう。

180518.jpg

国公立一般入試は大学入試センターが一元管理
私立は各大学で異なる対応

共通テストで民間試験を活用する場合は、高校3年生の4~12月に実施される試験のうち、2回までの結果が利用可能です(既卒者については対応を検討中)。 受験生は民間試験の受検申請をする際に「共通テストに試験結果を用いる」ことを確認、登録します。 そのため3回以上受検してその中から結果のよいものを選ぶ、ということはできません(登録せずに受検する場合は何度でも可能)。 結果は受検者本人にも通知が届きますが、大学入試センターで一元的に集約・管理され、共通テスト終了後に大学へ提供されます(大学出願時に「資格・検定試験の成績請求票」を提出)。

180517_eigonagare.jpg

「大学入試英語成績提供システム」の活用イメージ(文部科学省)

一方、私立大学の個別試験のような場合は、各大学の方針により成績データの取り扱い方が異なります。民間試験を導入している場合、 対象期間に取得した自己最高スコアのものを提出すればよいというところもあり、その際は複数の試験を何度受けても大丈夫です。 しかしながら受検料は種類によって異なり、中には高額のものも。また試験によってはすべての都道府県で実施されず、その場合は試験地までの交通費などの負担も加わります。 各家庭の経済力の格差や居住地域による有利不利を少しでも解消すべく、料金の減額や実施地の増加が検討されていますが、どの程度になるかは未定です。 新制度導入は2020年からですから、現在ではまだ大筋が固まったところであり、詳細はこれから少しずつ決まっていきます。ただ今まで以上に英語力が重要視されるのは間違いのないところ。 対象となる高校1年生はもとより、小・中学生も早めの英語学習に取り組む必要があるでしょう。

CEFR=Common European Framework of Reference for Languages : Learning, teaching, assessment : 外国語の学習、教授、評価のためのヨーロッパ共通参照枠。GEFRでは判定できる範囲が限られており、例えば英検2級なら1728~2299点(合格1980点)、より難易度が高い準1級は1980~2599点(合格2304点)がCEFRの対照算出範囲。範囲を下回った場合はCEFRの判定は行われないため、実力に見合ったグレードを受検することが必須となる。


*  *  *
明光みらい英語とは英語によるコミュニケーション力を身につけるために必要な 「聞く」「話す」「読む」「書く」の4つの要素を取り入れた、 タブレットで楽しく学べる英語学習プログラムです。

mirai.jpg

詳しくは上記画像をクリック!

ここがポイント
「使える英語」を目指す!
2020年教育改革の大きな目玉は何といっても『英語』です。従来の受験英語から脱却し、「使える英語」を目指しています。そのため、大学入試においてもその評価方法も、指導方針に合うように検討している訳です。テストが変わり、新たに外部試験で良い結果を出せるか不安になると思いますが、これからも学校の学習を中心にしっかりと課題に取り組んでいくことが今後も重要なことは変わりません。そして、リスニングやスピーキングなどは個別での練習量がより必要になります。明光義塾でもICTを取り入れた英語コンテンツをご提供しております。この改革を乗り越えた先に、世界とコミュニケーションをとれる自分の姿を想像してがんばっていきましょう!
明光2020教育改革室 岡田直将
明光2020教育改革室 岡田直将

2018.05.21

生活習慣や勉強が大きく変わる!? 4月入学おめでとう! 中学・高校進学の心得 生活習慣や勉強が大きく変わる!? 4月入学おめでとう! 中学・高校進学の心得 評価の点数や○(まる)の数だけじゃない 通知表をフル活用して 子どものやる気を伸ばそう 評価の点数や○(まる)の数だけじゃない 通知表をフル活用して 子どものやる気を伸ばそう
記事一覧

明光義塾 受験・教育情報サイトとは?

個別指導のパイオニア「明光義塾」が
2020年の教育改革に向けて日々変わる
受験・教育に関する
さまざまな情報をお届けします。

詳しく見る
明光義塾 受験・教育情報サイトとは? 個別指導のパイオニア「明光義塾」が2020年の教育改革に向けて日々変わる受験・教育に関するさまざまな情報をお届けします。
近くの明光義塾を探そう

明光義塾のおすすめ