2020年の教育改革に向けて日々変わる受験・教育に関するさまざまな情報をお届けします。

英検?TOEIC? 4技能をはかる 民間の英語資格試験とは
英検?TOEIC? 4技能をはかる 民間の英語資格試験とは

英検?TOEIC? 4技能をはかる 民間の英語資格試験とは

前回に引き続き、英語4技能について説明します。2020年度の大学入試改革で、4技能をはかる民間の英語資格試験の採用が決まったこともあり、 英語4技能試験が注目を集めています。今回は英語4技能試験にはどんなものがあり、資格取得にどんなメリットがあるのかを見ていきましょう。
※大学入試での民間英語資格試験の採用については、本サイト「2020年教育改革、英検・TOEFL・GTECなど4技能を測るための 民間試験活用が決定」をご参照ください。

今の英語力を客観的に判断できるのが
英語資格試験のメリット

民間の英語資格試験と聞いて、みなさんは何を思い浮かべますか。すぐに名前が出てくるのは、実用英語技能試験(英検)、TOEIC、TOEFL、GTECくらいでしょうか。 大学入試共通テストでは、これらを含む8種類が対象に認定されています。ただ例えばTOEICはビジネス英語のスキルを問う、TOEFLは留学に必要な英語力をはかるなど、試験にはそれぞれ本来の目的や特徴がありますから、受験する際には目的に応じた試験を選ぶ必要があります。
資格試験を受験するメリットは、客観的な判断基準が得られること。これらの試験は、語学力の国際指標とされるCEFR(セファール※注1)により、レベルが認識できるようになっています。どの試験にも言えることですが、 今の自分の英語力を確認することで、弱点を克服しより高いレベルを目指す。そのためには、同じ試験を定期的に受験するのが効果的でしょう。
中でも、小・中学生など英語初心者にお勧めしたいのが英検。「中学生の頃、学校で英検を受けた」という人も多いと思います。英検の良さは年2回、 全国にある多くの受験会場で受験できることが一つ。もう一つのメリットは目標設定に使いやすいことが挙げられます。例えば、TOEICやTOEFLだと難易度別にテストが分かれておらず、 点数により実力をはかりますが、英検では5級~1級まで試験ごとに難易度が異なります。そのため「まずは英検5級からスタート」 「5級に合格したら4級に挑戦」という具合に、一つひとつ自分に合った目標設定ができるのです。自分の英語力よりも少し高い目標設定をすると、英語力は最も伸びます (高すぎても、低すぎてもいけません)。この点からも英検は、英語4技能を効率よく向上させるのに優れていると言えるでしょう。

  • 4技能をはかる英語の民間試験には多くの試験があり、それぞれ本来の目的・特徴があります。

  • 小・中学生など英語初心者にお勧めしたいのが実用英語技能試験(英検)。日本で最も長く行われており、5級から1級まで難易度別に問題が作られているのが特徴です。

  • 英語資格試験は自分の英語力を客観的にはかれるため、目的・モチベーションを持って英語学習に取り組めます。定期的に活用を!


190308.jpg

試験で実力を確認しながら
目的意識を持って英語学習を

では、英検について詳しくみてみましょう。
英検は英語に関連する検定としては日本では最も長く行われており、学習レベルに応じて7つの級を設定しています。英語の基礎を身につけ、一歩ずつ 確実にステップアップできる5級・4級・3級。使える英語の幅を広げ、世界へ飛躍する力を養う準2級・2級。さらに国内外で高く評価される準1級・1級があります。
試験問題は「聞く」「読む」「話す」「書く」の4技能のバランスを重視し、社会で求められる実用英語を出題。CEFRにも対応しているため、 信頼できる英語4技能試験の一つと言えます。「単語と文法だけ勉強すれば、英検は合格できる」というのは一昔前の話。今の英検は単語・文法だけでなく、 読解力、リスニング力、ライティング力、スピーキング力をバランスよく高めていかないと、合格できない試験になっています。
なお従来の英検に加え、新方式の英検も実施されています。CBT(Computer Based Testing)を活用(※注2)、コンピュータ入力により1日で4技能をはかる方式で、 面接は録音で実施。現在3級、準2級、2級が行われています。従来の英検と問題形式・内容は変わりませんが、ライティングテストでタイピングが必要になるため、若干練習が必要になるかも知れません。
小・中学生の英語学習法としては、日々の学習を習慣化するとともに、定期的に英検を受験して実力を確認するのが効果的です。合格という達成感や成功体験を積み重ねることで、目的意識・モチベーションを持って英語学習に取り組めるでしょう。いろいろな試験対策に手を出すよりも、 まずは英検を活用しながら英語4技能をバランスよく伸ばすことを心がけましょう。十分に英語4技能を高めておけば、TOEICやTOEFLなど他の英語4技能試験対策も容易になります。

※1・CEFR=Common European Framework of Reference for Languages : Learning, teaching, assessment : 外国語の学習、教授、評価のための ヨーロッパ共通参照枠。A1~C2まであり、例えば英検2級なら1728~2299点(合格1980点)でA2・B1、準1級は1980~2599点(合格2304点)でB1・B2に 換算される。ちなみにTOEICでは、A2は625~1145点、B1は1150~1555点となる。
※2・従来の英検でもリスニング音源にCBTを活用。

2019.03.08

英語の4技能とは? 知っておくべき 変わる英語勉強 英語の4技能とは? 知っておくべき 変わる英語勉強 2020年度大学入試改革 出題傾向の変化に対応できる学力を 2020年度大学入試改革 出題傾向の変化に対応できる学力を
記事一覧

明光義塾 受験・教育情報サイトとは?

個別指導のパイオニア「明光義塾」が
2020年の教育改革に向けて日々変わる
受験・教育に関する
さまざまな情報をお届けします。

詳しく見る
明光義塾 受験・教育情報サイトとは? 個別指導のパイオニア「明光義塾」が2020年の教育改革に向けて日々変わる受験・教育に関するさまざまな情報をお届けします。
近くの明光義塾を探そう

明光義塾のおすすめ