0120-334-117

受付時間 月~金 10:00~21:00 土・日 10:00~19:00
※九州、沖縄・山口県の方は直接教室にお電話ください。

秋田県の公立高校入試情報

入試日程から出題傾向まで 入試情報をまとめてチェック!

調査書の評定は、中学3年間の成績が必要になります。中学1年から、定期テストや提出物をおろそかにしないようにしましょう。

(平成30年10月時点の情報です)

秋田県の入試日程(平成31年度)

前期選抜
■面接及び学力検査、又は口頭試問:平成31年1月29日(火)
■合格者発表:平成31年2月5日(水)

一般選抜
■学力検査等:平成31年3月5日(火)
■合格者発表:平成31年3月13日(水)

秋田県の選抜方法(平成31年度)

一般選抜
調査書及び学力検査の成績、面接の結果に関する資料等により総合的に行います。面接は学力検査終了後に行われます。
学力検査は各教科100点満点、合計500点満点です。調査書は1年から3年12月末までの9教科の成績が記入されます。中でも3年の技能4科については2倍して計算されるので、日頃の学習だけでなく提出物や実技も大切です。中学1年生の皆さんも、今から具体的な目標を決めて準備を進めておきましょう。

秋田県では近年特に人気校の倍率が高いまま推移しており、その高倍率をクリアするためにも、定期テストを含む内申対策や頻出・応用問題演習中心の入試対策の両立で学習を効率よく進める必要があります。

秋田県の皆さんはここをチェック!(平成31年度)

学力検査 教科別受験対策のポイント

入試の平均点から、問題の難易度が年度ごとに違うので、過去問を使ってすべての教科・難易度に慣れておく必要があります。

【英語】  
昨年度は大問5題でリスニング1題、会話文、文法、短文読解、長文読解の構成でした。リスニングは、CD教材を活用して慣れておく必要があります。聞きながらメモを取る練習をしましょう。出題は読解問題が中心です。文法の重要事項を問題集などで身につけ、短文から始めてまとまった内容の英文へと学習を進めていきましょう。長文は語数が多く、形式も多様なので、限られた時間で正確に内容を読み取れるよう、過去問などの問題集で演習を重ねることも大切です。また、英作文は与えられたテーマ、条件にしたがって書くというものです。日頃から身近なテーマについて感じたことを英文で書くなどしておくと効果的です。

【数学】   
大問5題構成で、ここ数年で大きな傾向の変化はありませんが、中学の学習範囲の中から幅広く出題されていますので、まずは教科書を中心に基礎固めをし、苦手分野をなくしておきましょう。問題数が多いので、計算問題は速さと正確さも必要です。また、作図や証明などでは思考力を問う問題も多く出題されていますので時間配分には気をつけましょう。出題によっては、基礎から踏み込んだ問題もあるので、応用問題にもチャレンジしていきましょう。

【国語】   
放送の聞き取り、知識問題、小説、論説文、古文、課題作文の6題構成です。知識問題は、漢字の読み書き、慣用句、文法など教科書を中心に確実に身につけましょう。読解問題は、多くの問題にあたり問題文の主旨を正しく読み取ることや情景・心情を読み取る力が必要です。同じテーマで立場の異なる文章を読み比べたり内容をまとめたりする練習をし、多くの問題を繰り返し解いておきましょう。課題作文は200~250字で他県に比べて長めです。日頃から条件に合うように自分の意見をまとめる練習をして、十分な対策をしておくことが必要です。

【理科】   
大問5題で、生物、化学、総合問題、物理、地学の構成でバランスよく出題されました。探究の道すじを重視した問題が多く、資料を読み解き考察する問題も出題されました。出題形式は、選択式・作図・記述式と様々な上に、出題も教科書から幅広くされています。教科書にある基礎知識に加え、実験・観察の手順や注意事項などもきちんと確認し、図やグラフ化などをして分かり易く表現し、結果に基づいて文章で答える練習もしておきましょう。

【社会】   
大問は3題。日本・世界地理、歴史、公民の各分野から1題ずつの構成でバランスよく出題されています。出題内容はどの分野も基礎知識を問う問題が中心で教科書の基本的事項は確実に覚えましょう。記述問題も出題されているので時間配分に気をつけ、短時間でまとめた文章を書く練習をしましょう。地理では、基礎知識のほかに地図やグラフ、表などの資料を見て諸地域・諸国の特色、産業、貿易、地形、気候についてまとめる練習をしておくことが必要です。歴史の問題では、生徒のノート等から読み取って解答するという珍しい出題形式もあります。各時代の特徴の把握と理解の深さを問われており知識だけでなく、資料の読み取りも重要になっています。教科書や年表を使って政治と外交、社会、文化がそれぞれどのように結びついているかを理解しておきましょう。公民では、教科書で基礎的な用語を確実に押さえ、ニュースや新聞などで時事問題にも備える必要があります。

※入試日程や選抜方法などは、お近くの明光義塾、または学校の先生や各都道府県の教育委員会に問い合わせるなどして、最新の情報を確認してください。

志望校に合わせた受験対策は明光にお任せ!

明光義塾の高校受験対策は、生徒一人ひとりの学習状況を踏まえたオーダーメイドプランです。志望校合格までの最適な道のりを一緒に考え、全力でサポートしていきます!

志望校に合わせた受験対策は明光にお任せ!

高校受験生の期別講習

入会
専用
0120-334-117

月~金:10時~21時、土・日:10時~19時

※九州、沖縄・山口県の方は直接教室にお電話ください。