0120-334-117

受付時間 月~金 10:00~21:00 土・日 10:00~19:00

千葉県の公立高校入試情報

入試日程から出題傾向まで 入試情報をまとめてチェック!

千葉県の高校入試は、これまで前期・後期の2回実施されていましたが、令和3年度から1回になりました。

(令和3年4月時点の情報です)

千葉県の入試日程(令和4年度)

一般入学者選抜
■検査日:令和4年2月24日(木)・25日(金)
■発表日:令和4年3月7日(月)

第2次募集
■検査日:令和4年3月15日(火)
■発表日:令和4年3月17日(木)

千葉県の選抜方法(令和3年度)

一般入学者選抜
第1日は3教科。国語(聞き取り検査含む)・数学は各50分、英語(リスニングテスト含む)は60分の学力検査を実施します。第2日は、理科・社会の2教科、各50分の学力検査を実施します。また、各高校において、面接、集団討論、自己表現、作文、小論文、適性検査、学校独自問題による検査およびその他の検査から、1つ以上の学校設定検査を実施します。

調査書の必修教科の評定の全学年の合計値およびその他の記載事項、学力検査の成績、学校設定検査の結果等の選抜の資料は原則として得点化されます。
選抜のための各資料の得点を合計した「総得点」に基づき、総合的に合否が判定されます。選抜の資料の配点は各高等学校において別に定めます。

 

令和3年度入試における特別対応

出題範囲については、以下の内容を除外すると発表されています。

社会 … 〔公民〕「私たちと国際社会の諸課題」
【東京書籍】p167~p204、p205~p212
【日本文教】p175~p204、p205~p216
【教育出版】p177~p206、p207~p214
【育鵬社】p171~p208、p209~p215
 
数学 … 中学3年「標本調査」
【啓林館】p194~p206
【学校図書】p220~p235
【東京書籍】p198~p210
【数研出版】p202~p214
 
理科 … 「科学技術と人間」のうち、「エネルギー資源」「科学技術の発展」
「自然環境の保全と科学技術の利用」
「自然と人間」のうち、「自然環境の調査と環境保全」「自然の恵みと災害」
「自然環境の保全と科学技術の利用」
※なお、第3学年で扱う実験の操作方法及び観察の手法については、出題しないこととする
【大日本図書】p258~p291
【啓林館】p217~p259
【学校図書】p242~p283
 
 

千葉県の皆さんはここをチェック!(令和3年度)

教科別受験対策のポイント
令和3年度から学力検査は1回のみとなります。

【英語】
前期はリスニング4題、文法問題1題、条件英作文1題、短文・長文・対話文問題が各1題ずつで9題、後期はリスニングが2題のみで7題でした。リスニング問題の配点は100点満点中、前期が33点、後期が28点と他の都道府県に比べて高くなっています。入試制度は変わりますが、求められる英語力は一貫しています。英語の基本知識をまんべんなく確実に身につけた上で読解力を高めることが大切です。文法問題では多くの文例に触れることを心がけ、読解問題では全体の傾向として内容把握や空所補充が多く、本文に書いてあることを機械的に参照するのではなくひとひねり加えた上で解答するものも多いので、あわてずによく考えて答えを出すようにしましょう。まとまった英語の文を読んで、内容や話の流れをつかむ訓練をしておきましょう。

【数学】
例年、前半には計算問題や方程式、図形などの基本問題が出題されます。後半は関数・グラフ・図形の問題や融合問題、証明を含む図形の応用などで構成されています。前半で出題されるような計算問題、基本問題は、短時間で正確に解けるようにしておきましょう。作図は慣れていないと時間をとられるので十分に対策を立てておきましょう。
後半の対策としては、平面図形の基本事項を完璧におさえ、合同、相似、三平方の定理、円の性質の使い方はもちろんのこと、規則性を考える問題や、数の性質の応用問題などにも戸惑うことなく取り組めるようにしましょう。

【国語】
聞き取り問題と作文、漢字の読み書き、語句、論説文、物語文、古文と、総合的な国語力が求められ問題量も多くなっていますが、前年と内容的には大きな変化はありませんでした。論説文では、接続語や指示語に注意しながら段落相互の関係を正しくとらえられるようにし、物語文では、登場人物の心情やその理由を読み解る練習をしておくことが望まれます。聞き取り問題の対策として、テレビやラジオの聞き取りを心がけるとよいでしょう。作文は、表現力だけではなく、資料を読み取る力が必要です。また、短時間で自分の考えをまとめる訓練をしておきましょう。

【理科】
例年、物理、化学、生物、地学の各分野から、偏りなく出題されていますので、幅広く学習することが必要です。教科書に出てくる用語は正確に書けるようにしておくこと、論述もよく出題されるので、簡潔に説明できるよう練習しておくことがポイントです。標準レベルの問題を多く解き、間違えた問題は解けるまで繰り返し学習しましょう。教科書に書かれている実験・観察をもとにした出題が多いので、授業で行う実験・観察には積極的に参加しましょう。

【社会】
地理・歴史・公民の3分野からまんべんなく出題されています。例年、基本的事項の理解を求める問題、資料を読み取る問題が多く出題されます。特に資料の読み取りはますます重視される傾向にあります。日頃から学習する際は、資料集や地図帳を積極的に活用する習慣をつけましょう。重要事項の説明を簡潔に文章にまとめる練習をしておくことが大切です。

※入試日程や選抜方法などは、お近くの明光義塾、または学校の先生や各都道府県の教育委員会に問い合わせるなどして、最新の情報を確認してください。

志望校に合わせた受験対策は明光にお任せ!

明光義塾の高校受験対策は、生徒一人ひとりの学習状況を踏まえたオーダーメイドプランです。志望校合格までの最適な道のりを一緒に考え、全力でサポートしていきます!

高校受験生の期別講習

入会
専用
0120-334-117

月~金:10時~21時、土・日:10時~19時

※九州、沖縄・山口県の方は直接教室にお電話ください。