0120-334-117

受付時間 月~金 10:00~21:00 土・日 10:00~19:00
※九州、沖縄・山口県の方は直接教室にお電話ください。

福岡県の公立高校入試情報

平成30年度入試より、入試制度が一部変更になります。
調査書の評定は、中学3年のみの成績が必要になります。ただし、「中3のときだけ頑張ればいい」ということではないので、中学1・2年から、定期テストや提出物をおろそかにしないようにしましょう。

(平成30年6月時点の情報です)

福岡県の入試日程(平成31年度)

推薦入学者選抜
■面接・作文・実技試験:平成31年2月5日(火)、6日(水)
■合格内定通知:平成31年2月12日(火)

一般入学者選抜
■学力検査:平成31年3月6日(水)
■個性重視の特別試験:平成31年3月6日(水)もしくは7日(木)※実施校のみ
■合格者発表:平成31年3月14日(木)

福岡県の選抜方法(平成30年度)

一般入学者選抜
平成30年度入試より制度が一部変更されます。
(1)国語、数学、社会、理科において検査時間が50分に、外国語(英語)においてリスニングテストを含む検査時間が55分になります。
(2)外国語(英語)の検査時間については、リスニングテストを15分、筆記テストは40分として実施します。また、リスニングテストの配点が20点に変更になります。

調査書(内申)、学力検査及び面接の結果等に基づいて選抜します。
学力検査と調査書の比重はほぼ同等です。内申点と学力検査点をそれぞれ成績順に並べ、内申点と学力検査点の順位がともに高校が定めた一定数に入っているものをA群とし、その他の者をB群とします。
そして、A群の中で、調査書の内容などに、特に問題のない者は合格。A群で合格にならなかった者及びB群については、第3学年における内申点以外の調査書の記載事項を重視しながら、総合的に判断します。
※学力検査は各教科60点満点、合計300点満点です。
※調査書の点数は、中3の成績を9教科5段階で点数化し、45点満点となります。
※学力検査で特定教科の加重配点を行う学科やコースがあります。
※調査書の点数で特定教科の加重評価を行う学科やコースがあります。

福岡県の皆さんはここをチェック!(平成30年度)

教科別受験対策のポイント
【英語】   
リスニング、会話表現、対話文読解、長文読解、条件英作文の問題構成となっています。リスニングにおいては話されている場面や状況を判断し、内容を正確に理解する力が必要です。英作文では、指定語数が30語以上となっています。福岡の公立入試問題は、全体として近年難化傾向にあり、出題方法が年度によってわずかながら変化しています。対策としては、英語の文法規則や語彙などについての知識を身につけるだけではなく、日頃から様々な機会を捉え、英語で自分の考えや気持ちなどを伝える力を伸ばしておくことが必要です。また、英検3・4級のCDを聴くなどして、リスニング対策をとりましょう。

【数学】   
問題構成は、大問が6題、小問21問と例年並みです。基本的な問題が多いですが、記述問題が多めなので、試験時間がやや短く感じるでしょう。過去10年間の問題を見ると、その形式は決まっており、学習計画を立てやすい教科だといえます。また、基本知識をもとに解答できる問題が大半を占めているので、基本問題の演習を繰り返し行って、ミスをしないよう心がけましょう。さらに、文章題・資料の整理と標本調査・図形の証明など記述の練習をしっかりしておきましょう。 上位校を目指すのであれば、関数・平面図形・立体図形の総合問題演習に積極的に取り組んでください。

【国語】   
論説文、小説、漢文書き下し文、作文の大問四題の構成となっているので、説明的文章の読解、文学的文章からは筆者の感想を読み取れるようにしましょう。字数指定のある記述問題となっているので、解答する際により高度な要約力・表現力が求められています。古文や漢文は教科書などで基本的約束、語彙を身につけ、標準的な問題を使って慣れましょう。ここ数年、様々な出題の工夫がはかられていますが、内容としては基本的問題が中心です。ゆえに、ミスが大きな命取りになることも考えられるので、過去問演習など類似問題を徹底的にこなし、万全の体制で入試に臨んでください。作文も毎年出題されているので、200字程度のまとまりのある文章が書けるように練習しておきましょう。

【理科】   
物理、化学、生物、地学の各分野から2題ずつ計8題が出題されました。福岡県公立高校入試の特徴は、①「記述」問題の多さ、②「作図」・「グラフ作成」問題、③「計算」を必要とする問題、④会話文形式の問題の4点にあります。したがって、受験生の対策としては、まず暗記用教材を利用して用語を覚えることが必要です。学校の教科書の太字になっている用語は全部覚えましょう。次に、問題を解きましょう。限られたパターンの問題しか見られないので、それを意識して漏れがないようにし、間違った所は、復習して類題を解いてください。広い範囲から出題されるため、教科書をよく読み直し、基本的事項や実験・観察の手順も絵や写真を通して覚えていきましょう。また、文章記述の問題が多いので、よく出題される内容についても、各分野ごとに文章をまとめておき、覚えておきましょう。

【社会】   
大問が6題で、分野別にみると、歴史的分野は古代から現代まで、ジャンルもまんべんなく出題されています。地理的分野も、地形図・統計資料・グラフの読み取りや基礎事項の定着を確認する出題になっています。公民的分野は日本の社会に対する理解を問う問題が出題されました。対策としては、教科書を中心に学習し、教科書の資料などを活用しましょう。また、早い段階から地図帳を活用する習慣を身につけておくことも大切ですし、時事的な内容もテーマとして扱うので、ニュースなどをこまめにチェックしましょう。記述問題については、基本的事項を踏まえ、指定語句を上手に使って書けるようにしておくことが必要です。

※入試日程や選抜方法などは、お近くの明光義塾、または学校の先生や各都道府県の教育委員会に問い合わせるなどして、最新の情報を確認してください。
入会
専用
0120-334-117

月~金:10時~21時、土・日:10時~19時

※九州、沖縄・山口県の方は直接教室にお電話ください。