0120-334-117

受付時間 月~金 10:00~21:00 土・日 10:00~19:00
※九州、沖縄・山口県の方は直接教室にお電話ください。

岐阜県の公立高校入試情報

調査書の評定は、中学3年間の成績が必要になります。中学3年の評定は2倍されます。中学1年から、定期テストや提出物をおろそかにしないようにしましょう。

(平成30年6月時点の情報です)

岐阜県の入試日程(平成31年度)

第一次選抜
■検査期日:平成31年3月7日(木) ※一部の高校では3月8日(金)にも実施される。
■合格発表:平成31年3月14日(木)


連携型選抜(揖斐高校・郡上北高校・八百津高校・飛彈神岡高校で実施)
■検査期日:平成31年3月7日(木)、8日(金)
■合格発表:平成31年3月14日(木)

第二次選抜
第一次選抜の後、欠員のある学科・コース・部で実施する。
■検査期日:平成31年3月19日(火)
■合格発表:平成31年3月22日(金)

岐阜県の選抜方法(平成30年度)

第一次選抜について
①調査書の評定の扱いは、(1年の各教科の評定の合計値)+(2年の各教科の評定の合計値)+(3年の各教科の評定の合計値×2倍)を選抜資料として扱います。
②標準検査は出願者全員が受検する検査です。学力検査は1教科50分の5教科で、学校によっては実技検査、面接、独自検査も実施します。
③調査書の評定と学力検査の結果の比率については、7:3~3:7の範囲となるように各学校で決定し、総合的に審査します。

通学区域について
平成30年度入学者選抜から全県一区となります。

すべての高校が県内全域から受験できます。

最新の情報は、岐阜県教育委員会ホームページ等でご確認ください。

岐阜県の皆さんはここをチェック!(平成30年度)

教科別受験対策のポイント
【英語】    
リスニング、短文読解、長文読解、語句整序、英作文が出題されます。読解問題が中心となるので、多くの問題を解き、様々な問題形式に慣れておきましょう。英作文は基本的な表現を覚えたら、いろいろなテーマについて英文を書いたり、絵を見て英語で説明したりする練習を日頃から積んでおきましょう。

【数学】   
大問6題構成。全領域からまんべんなく出題されています。問題レベルも基本から数学的な思考力、処理能力を見る問題が組み合わされています。特に方程式の応用、関数とグラフ、証明、平面図形などはよく出題されています。複数の単元の知識を使って解法を考える訓練を十分にしておきましょう。

【国語】    
漢字の読み書き、小説の読解、論説文の読解、古文、資料を用いた問題、課題作文の大問6題構成。課題作文は条件に沿って120~160字程度でまとめるので、自分の考えを書く練習を行いましょう。漢字や文法など知識問題をきちんと得点するとともに、記述問題や作文に十分な解答時間が取れるよう、過去問を繰り返し解くなどして時間配分を身につけてください。

【理科】   
4つの分野からバランスよく出題されます。教科書からの標準的な出題がされ、作図やグラフ記入、文章記述や計算など記述タイプの出題が多いのが特徴です。特に、実験や観察の授業には積極的に参加し、その様子や実験結果なども、資料集を活用しながら一緒にまとめておくとよいでしょう。

【社会】   
地理、歴史、公民から各1題、合計で大問3題の出題構成。解答形式は語句記入と記号選択がほぼ半々です。写真や地図、図表などを読み取って答える問題が多く、またグラフ作成や記述問題も出題されていますので、資料集や地図帳も活用して学習を行ってください。基礎的な問題が中心となるので、教科書の重要事項を確実におさえておきましょう。

※入試日程や選抜方法などは、お近くの明光義塾、または学校の先生や各都道府県の教育委員会に問い合わせるなどして、最新の情報を確認してください。
入会
専用
0120-334-117

月~金:10時~21時、土・日:10時~19時

※九州、沖縄・山口県の方は直接教室にお電話ください。