0120-334-117

受付時間 月~金 10:00~21:00 土・日 10:00~19:00
※九州、沖縄・山口県の方は直接教室にお電話ください。

広島県の公立高校入試情報

調査書の評定は、中学3年間の成績が必要になります。中学1年から、定期テストや提出物をおろそかにしないようにしましょう。

(平成30年10月時点の情報です)

広島県の入試日程(平成31年度)

選抜(Ⅰ)
■面接等:平成31年2月1日(金)
■選抜結果通知:平成31年2月6日(水)

選抜(Ⅱ)(一般入試)
■学力検査等:平成31年3月6日(水)、7日(木)
■合格発表:平成31年3月14日(木)

広島県の選抜方法(平成30年度)

選抜(Ⅰ)の場合
推薦書及び志望理由書、調査書、面接

選抜(Ⅰ)(推薦入試)では、面接以外にも学校ごとに独自の選抜(例:作文、小論文、英語による面接、実技検査など)を実施することがあります。志望校の選抜方法について、きちんと調べておきましょう。

選抜(Ⅱ)(一般入試)の場合

学力検査(各教科50点満点・5教科250点満点)、調査書
※面接や実技検査・自校作成問題を課した学校・学科については、これらの結果を加えて総合的に判断して決定する。
※学力検査において傾斜配点を行う学校・学科がある。

選抜(Ⅱ)(一般入試)では、学力検査の点数と調査書の評定の点数を以下のように取り扱います。
・学力検査
総得点に2分の1をかけ、125満点とします。
・調査書の評定
中1~3年の5教科は5段階で評定します。実技4教科は5段階で評定した評点を2倍します。これらの合計に195分の130をかけた130点満点とします。

広島県の皆さんはここをチェック!(平成31年度)

教科別受験対策のポイント
【英語】   
聞き取り問題1題、対話文読解問題1題、長文読解問題1題、条件・自由英作文1題の大問4題構成でした。
全体として問題は少なめで難易度は標準レベルですが、確実な読解力が求められ英文を書かせる問題が多いのが特徴です。中学校で学習する英文法や単語、熟語をきちんと復習した上で英作文の練習を重ね自分の意見を表現できるようにしましょう。会話文問題、長文読解問題ではさまざま形式の問題が出題され、文法知識を直接問うものではなく英文を読んで内容についての理解や自分の考えを英語、日本語で解答することが求められます。英語・日本語ともに、文章の流れに沿って伝えたい内容を正しく表現する練習をしましょう。

【数学】   
ここ数年は大問6~7題で構成されています。前半の問題は計算や角度、標本調査など教科書レベルの基本問題です。教科書レベルの問題は必ず得点できるように学習をしてください。後半の問題は、図形と関数・グラフの融合問題、図形の証明、確率・標本調査などから出題されています。基本をきちんとおさえていれば無理なく解答できる応用問題なので、問題集などで実戦形式に慣れておくとよいでしょう。その上で過去の入試問題を繰り返し練習することが大切です。文字式を使った問題も出題されていますので、図形、関数、確率問題の中で文字式を使って説明する練習も必要です。考え方に注意しながら演習を重ねてください。

【国語】   
文学的文章の読解、説明文の読解、古文・漢文の読解に加え、作文が出題され、大問4題構成となっています。文学的文章は小説が扱われます。文章の難易度は標準的ですので、物語文なら場面の展開や登場人物の心情を、説明文なら論の展開と筆者の主張を丁寧に読み取っていきましょう。また、記述式の問題は文章中の語句の抜き出しではなく、内容を把握した上で、文章中の言葉を使いながら自分の言葉でまとめていく形式なので、普段から根拠や具体例を書く練習をしておくことが必要です。古文では古語や独特の言い回し、歴史的仮名遣いなどの基本を身につけ問題集などで読み慣れておきましょう。漢文の対策も同様です。

【理科】   
大問4題で、化学、生物、物理、地学それぞれの幅広い単元から出題されています。基本的な事項が多く難易度としては標準レベルの問題です。教科書での学習を中心に、普段から偏りなく、不得意分野を作らないように学習することを心がけてください。また、選択式よりも記述式の方が圧倒的に多いので、単なる丸覚えにならないように、実験のポイントや手順、グラフの読み取り方なども演習してください。的確な解答ができるよう、記述の演習をくり返すとよいでしょう。

【社会】   
大問4題構成で、地理・歴史・公民から各1題と、総合的な問題が1題で各分野からバランスよく出題されます。
内容は基礎的なものが中心ですが表やグラフを活用したり、記述式で解答したりと社会の総合力が試されます。3分野とも教科書に出てくる基礎的事項を漢字で書けるようにするのはもちろん、それらの事項について自分の言葉で簡潔に説明できるようにしましょう。地理的分野では普段から地図やグラフなどの資料を正確に読み取った上で諸地域の産業や気候の特色を理解することが大切です。歴史的分野では資料から政治、社会、経済、文化など時代の流れをおさえて基本用語などを簡潔に説明する練習が必要です。公民的分野では、教科書の理解とともに時事問題への理解が必須です。知識として身につけたものと実際のできごとを結びつけるようにするとより深い理解に繋がります。

※入試日程や選抜方法などは、お近くの明光義塾、または学校の先生や各都道府県の教育委員会に問い合わせるなどして、最新の情報を確認してください。
入会
専用
0120-334-117

月~金:10時~21時、土・日:10時~19時

※九州、沖縄・山口県の方は直接教室にお電話ください。