0120-334-117

受付時間 月~金 10:00~21:00 土・日 10:00~19:00
※九州、沖縄・山口県の方は直接教室にお電話ください。

熊本県の公立高校入試情報

調査書の評定は、中学3年間の成績が必要になります。中学1年から、定期テストや提出物をおろそかにしないようにしましょう。

(平成30年6月時点の情報です)

熊本県の入試日程(平成31年度)

前期(特色)選抜
■実施日:平成31年2月1日(金)
■選抜結果通知:平成31年2月12日(火)

後期(一般)選抜
■学力検査等:平成31年3月6日(水)、7日(木)
■合格者発表:平成31年3月13日(水)

熊本県の選抜方法(平成30年度)

前期(特色)選抜の場合
実施する高等学校は、選抜に当たって重視する観点を定め、それに沿って学校独自検査(面接、小論文、実技検査、実験、自己表現、総合的な学習の時間の成果の発表に関するもの等)の中から選抜方法を定めます(複数の組合せもあります)。
募集人員は、募集定員の50%以内の範囲で各高校が定めるところによります。


後期(一般)選抜の場合
学力検査(各教科50点満点、合計250点満点)の順位
調査書の評定(中1、中2の9教科5段階評価の数値をもとに補正を加えた数値と、中3の9教科×2の合計を加えた総計点)の順位がともに上位にある者から合格とします。ただし5教科の内申点に関しては、学力検査の結果による補正を行います。
理数科および普通科理数コースは数学の得点を2倍にし、英語科ならびに普通科英語コースおよび国際コースは英語の得点を2倍にして処理します。また職業教育を主とする学科において、学校の特性に応じた教科の得点を2倍にして処理する場合があります。

熊本県の皆さんはここをチェック!(平成30年度)

教科別受験対策のポイント
【英語】
29年度も、大問1がリスニング(後半2問は選択)、大問2が小問別複合問題、大問3が会話文読解、大問4は選択問題ABに分かれており、Aが短めのスピーチ、Bが長めのスピーチ、大問5は選択問題ABに分かれた条件作文という構成でした。記述式問題の比率が高いですが、難しい構文や熟語の知識よりも教科書レベルの基礎的な知識が求められています。日頃から教科書レベルの文章をよく読んで、その内容理解や基本的な文法知識を身につけておきましょう。またラジオなどを利用してリスニング問題に慣れておきましょう。

【数学】
29年度も大問が6題でした。問題の出題数や出題内容・形式もここ数年定着しています。数・式の計算、平方根の計算、方程式・不等式の計算と応用、確率、動点問題、作図、規則性の問題、空間図形、関数、平面図形とすべての分野から出題されています。基礎が固まったら問題集などで練習を重ねますが、その際に柔軟な思考力と論理的な記述ができることを意識してください。

【国語】
29年度も知識問題、発表、論説文、小説、古文、課題作文の大問6題が出題されました。漢字の読み書きは確実に点が取れるようにしましょう。文学的文章、説明的文章ともに出題されるので、幅広くいろいろな文章を読み慣れておくと良いでしょう。小説では人物の心情をとらえながら読むことと、説明文では筆者の言いたいことは何かを考えながら読むことを心がけましょう。また、記述式の問題に対応するため、文章の要約や自分の意見を短文で表現する練習をしておくと良いでしょう。古文は、難しい文章より平易な文章に触れ、歴史的仮名づかいや主述関係の把握などに慣れることが大切です。そのためには普段から音読をしておくと良いでしょう。課題作文では、自分なりの考え方・見方を具体的に書く練習を日頃からする必要があります。

【理科】
29年度も、生物・地学・化学・物理の各分野から大問1題ずつの計4題構成でした。各大問が2つずつに分かれているので実質的には大問8題の構成とみなすことができます。各分野から偏りなく出題されていますが、ここ数年「植物の体のつくりとはたらき」「動物の体のつくりとはたらき」からの出題頻度が高いです。 全体として標準的な問題が中心ですが、作図や計算・文章記述の問題があるので、単なる暗記ではなく科学的な考察力や表現力も必要となります。対策としては、教科書レベルの内容をしっかりと学習し、標準的な問題を限られた時間内で解く練習を繰り返し効率化をはかることが大切です。また、記述式対策として、基本用語を覚え、短い文章にまとめる練習もしておきましょう。

【社会】
29年度も例年通り大問6題で地理・歴史・公民から各2題ずつ出題されており、内容は基本的事項が中心となっていました。地理分野は略地図・表・グラフ・地形図を読み取り、諸地域の特色・人口・都市・交通・気候などを問う出題がされています。地図帳を使って学習を進めましょう。歴史分野では、略年表・表・絵図・写真などをもとに、日本の歴史を総合的に問う内容となっています。公民分野では三権分立・政治のしくみ・消費生活・経済一般・国際社会に関する問題が出題されています。全体的な注意点として、半数は記述問題のため、文章記述の練習とともに時間配分を意識して過去問練習をする必要があります。

※入試日程や選抜方法などは、お近くの明光義塾、または学校の先生や各都道府県の教育委員会に問い合わせるなどして、最新の情報を確認してください。
入会
専用
0120-334-117

月~金:10時~21時、土・日:10時~19時

※九州、沖縄・山口県の方は直接教室にお電話ください。