0120-334-117

受付時間 月~金 10:00~21:00 土・日 10:00~19:00
※九州、沖縄・山口県の方は直接教室にお電話ください。

宮城県の公立高校入試情報

調査書の評定は、中学3年間の成績が必要になります。中学1年から、定期テストや提出物をおろそかにしないようにしましょう。

(平成30年7月時点の情報です)

宮城県の入試日程(平成31年度)

前期選抜
■学力検査:平成31年1月31日(木)
■合格発表:平成31年2月8日(金)

後期選抜
■学力検査:平成31年3月6日(水)
※学力検査終了後または翌日に面接または実技試験を行う学校・科がある。
■合格発表:平成31年3月14日(木)

宮城県の選抜方法(平成31年度)

前期選抜
志望する高等学校が事前に公表する「出願できる条件」を満たせば出願できます。
調査書+学力検査+学校独自検査の合計点と調査書記載事項をみて総合的に選抜します。
学力検査は、国・数・英の3教科(75~300点)
調査書(225点満点)
学校独自検査(75~300点)(面接・実技・作文等から1つ以上実施)

後期選抜
前期選抜を受験していない生徒、及び 前期試験に合格していない生徒が出願できます。
第1段階として調査書点と学力検査点の相関図で定員の80%を選抜し、第2段階では、調査書の記載事項も用いて残りの人数を総合的に選抜します。
学力検査は、5教科。
調査書(3年間の5教科の評定値の合計)+(3年間の実技4科の評定値の合計の2倍)(195点満点)
学校独自検査は、学校によって面接、実技を実施。
調査書と学力検査の重視の仕方は学校によって異なる。

宮城県の皆さんはここをチェック!(平成30年度)

学力検査 教科別受験対策のポイント
【英語】   
リスニング(後期のみ)、対話文・長文読解がバランスよく出題されています。英文中での適語補充・適文選択、理由や指示語の内容を問う設問、内容要約など文をしっかりと読む力が必要とされます。また、テーマに沿った文を書く英作文も毎年出題されています。文法事項をしっかりおさえたうえで、まずは短文の読解練習や英文を書く練習を重ねていくとよいでしょう。

【数学】   
関数・図形が大問の中心となっています。計算等の基礎的な問題から記述式の証明等応用問題まで幅広く出題されています。基本的な問題で確実に得点することが大切です。特に第1問の計算問題は得点を落とさぬように何度も練習しておくとよいでしょう。また、日頃から解法のパターンを身につけるため、時間を意識しながら問題演習を十分に行うことが必要です。

【国語】  
 作文・論説文・小説で3題。他に漢字、語句の知識、文法、古文が出題されます。作文はもちろんのこと、現代文では記述力・表現力を試す設問が多く出題されているのが特徴です。記述問題は「自分で書くこと」を意識して、何度も繰り返し練習し、書くのに慣れてきたら今度は短時間で書くことを意識して学習を進めましょう。

【理科】   
 物理・化学・生物・地学の4分野からバランスよく出題されています。暗記だけで解ける問題は少なく、科学的な思考力・表現力を問うものが多くなっています。実験や観察に関する出題が多いので、それらの内容を理解したうえで、計算・特に記述問題、作図問題への対応もできるように、知識をたくわえるだけではなく、記述力を高めるような演習を重ねましょう。また、記述が多いので、時間配分も重要です。

【社会】   
各分野から比較的バランスよく、5題出題されています。時事問題からの出題や資料の読み取り、3分野融合問題に対応できるかがポイントです。また、記述問題も出題されるので、用語の暗記だけではなく、その背景や因果関係まで含めての理解や、資料の読み取りなどの練習が必要です。関連分野もいっしょにまとめるなど、工夫して学習を進めましょう。

※入試日程や選抜方法などは、お近くの明光義塾、または学校の先生や各都道府県の教育委員会に問い合わせるなどして、最新の情報を確認してください。
入会
専用
0120-334-117

月~金:10時~21時、土・日:10時~19時

※九州、沖縄・山口県の方は直接教室にお電話ください。