0120-334-117

受付時間 月~金 10:00~21:00 土・日 10:00~19:00
※九州、沖縄・山口県の方は直接教室にお電話ください。

佐賀県の公立高校入試情報

調査書の評定は、中学3年間の成績が必要になります。中学1年から、定期テストや提出物をおろそかにしないようにしましょう。

(平成30年6月時点での情報です)

佐賀県の入試日程(平成31年度)

特色選抜試験
■学力検査等:平成31年2月6日(水)
■合格発表:平成31年2月13日(水)

一般選抜試験
■学力検査等:平成31年3月5日(火)、6日(水)
■合格発表:平成31年3月12日(火)

佐賀県の選抜方法(平成30年度)

特色選抜試験
A方式(共通枠)
学力検査を「国語」「社会」「数学」「理科」「英語」「音楽」「美術」「保健体育」「技術・家庭」「国語書写」の中から、各学校が指定する3教科について実施し、面接、調査書との総合評価になります。
 
B方式(スポーツ・芸術推進指定校枠)
学力検査を「国語」「社会」「数学」「理科」「英語」の中から、各学校が指定する2教科と「実技(特定のスポーツ競技種目や芸術分野などについての能力や技術のこと)」について実施し、面接、調査書との総合評価になります。

A方式、B方式ともに総合評価の中で学力検査の占める割合は50%以上です。

一般選抜試験
佐賀県の合否判定方法は各高校によって異なり、また学力検査後に全員面接を実施します。学力検査と調査書の評定それぞれを成績順に並べ、双方とも上位の受験者から合格となります。学力検査点と内申点の比重は、各高校によって異なりますが、学力検査点は70%以上の割合で評価することになっています。

高等学校入学者選抜に係る評価基準の公表
学校ごとの入学者選抜に係る評価基準(学力検査、調査書の評定、調査書の評定以外及び面接等の取り扱い)を掲載しています。

特色選抜試験B方式の指定校枠
各学校で指定するスポーツ競技や芸術分野は異なり、人数枠も変動がありますので、「入学者選抜実施要項」にて確認をしてください。

佐賀県の皆さんはここをチェック!(平成30年度)

教科別受験対策のポイント
【英語】   
試験は、特色選抜と一般選抜による実施。一般選抜には追加問題が用意されました。追加問題の内容はスピーチの読解1題、条件英作文1題でした。出題は特色・一般とも聞き取り問題、条件英作文、長文読解と会話文問題です。問題量が多いうえに、英作文の力が要求される出題となっています。中学校で習う単語、文法、構文、口語表現などをかなりのレベルまで習得しておかなければ高い得点は望めません。また、追加問題については時間が15分とかなり限られているので、問題量と時間を照らし合わせて、どのくらいのペースで解き進まなければならないのかを正確に把握しておきましょう。
  
【数学】   
出題傾向としては、特色選抜、一般選抜ともに出題分野は比較的似ている出題でした。難易度としては、特色選抜のほうがやや容易であるといえます。出題範囲が広いため、中学数学全領域にわたる学習が必要です。まずは、教科書を中心に、各単元の基本事項をしっかりとおさえましょう。一つひとつを確実に理解し、あいまいな点を残さないことと、苦手な単元は早めに克服しておくことが大切です。そして、標準レベルの関数や図形の問題、また、それらの融合問題は、数多くこなし解法のテクニックを磨いておきましょう。また方程式の応用は、題意をすばやく理解して式をつくれるように、いろいろな練習問題を反復練習しておくことが大切です。
   
【国語】   
特色選抜は、論説文2題、小説1題、古文、作文がそれぞれ1題。作文は資料を読んで読みとれる問題点を指摘するものでした。論説文は二つの文章を比較した内容でした。一般選抜は、聞き取りと作文の混合問題1題、論説文が1題、小説が1題、古文が1題という構成でした。古文では内容を正確に把握する力が求められました。小説では本文の表現の特徴を答えさせる出題がされました。説明文では、指示語や接続語、キーワードチェックをしながら文脈を把握し、筆者の主張を読み取ること、小説では、情景や人物の心情を常に意識してとらえることが大切です。文章が長いので、普段から時間を計って問題を解き、ペース配分を意識しておく必要があります。次に、古文は基本的な古語や文法、言い回しなどを学習しておく必要があります。また、内容理解に関する問題が中心でもありますので、演習をする際に一つひとつ正確に内容を把握するようにしておきましょう。最後に、放送に基づく課題作文に対応するためには、メモをとりながら話を聞く習慣をつけ、様々なテーマで二百字前後の作文を書く練習をしておきましょう。
  
【理科】   
出題は、特色選抜、一般選抜ともに大問5題となっています。内容的には、ほぼ全分野からまんべんなく出題されています。実験や観察、日常生活の中でよくある事象について問う問題が多くなっています。出題レベルは、やや高めであるので、教科書の中の実験や観察をしっかりとまとめて定着させておきましょう。さらになぜそうなるのか、なぜその器具を使うのかといったところまでの理解することで、それが記述対策にもつながります。また、教科書に乗っている図やグラフにも十分注意を払い、自分でも書けるようにしてきましょう。
   
【社会】   
出題数は、一般選抜では6題で、地理・歴史・公民の各分野からほぼ均等に出題されています。地理分野は例年、地図やイラスト、表・グラフなどが用いられていて、日本・世界地理ともに出題されています。歴史的分野では、写真・表・グラフ・資料などが用いられ、歴史の流れや各時代の特色、主なできごとなどを正確に把握しているかどうかが問われています。公民分野では、憲法・政治機構・国際機関などが出題され、文章記述、選択式などさまざまな解答様式がみられます。また、最近のできごとをテーマにした問題にも注意しましょう。基本的な事項に関する設問が多いですが、グラフや地形図を読み取らせたり、文章を記述させたりする設問も多く、用語だけではなく、その周辺の知識と、それを使う思考力も求められています。したがって、3分野とも基本事項を確実に理解し、地図・地形図、統計資料や写真などを読み取る力を養うことが必要です。また、過去問などで、記述問題の練習を重ねると良いでしょう。とにかく問題量が多いので時間配分を意識して解答できるようにしておきましょう。

※入試日程や選抜方法などは、お近くの明光義塾、または学校の先生や各都道府県の教育委員会に問い合わせるなどして、最新の情報を確認してください。
入会
専用
0120-334-117

月~金:10時~21時、土・日:10時~19時

※九州、沖縄・山口県の方は直接教室にお電話ください。